Syphon Server に Processing から簡単に映像を送る方法:Processing

syphon

映像をアプリ間でシェアできるライブラリ Syphon 。Processing では、FullScreen Library が使えなくて困っていたので、 Max6 に映像送って全画面化して使ってます。

Processing から Syphon Server へ映像を送る時に、Example には createGraphics した PGraphics にオフスクリーンで描画しておいて、PGraphics を Sypohon サーバーに送るという方法が書かれています。ただし、途中まで作ってSyphon化したい時なんかに、描画命令全部を拾って PGraphicsするのは面倒くさいです・・・。実は、もっと簡単な方法があります。


import processing.opengl.*;
import codeanticode.syphon.*;

SyphonServer server;

void setup(){

  // Create syhpon server to send frames out.
  server = new SyphonServer(this, "Processing Syphon");
}

void draw(){

 //いつもの通りアプリを書く

  //syphon server へ映像を送る
  server.sendImage(g);

}

以上でできました。Processing の PApplet のドキュメントを読むと g というPGraphics型の変数が定義されています。Processing の内部的には、gに対して色々と描画をしていたようです。


Leave a Comment