値の差分を出力するMax6のjsオブジェクト


"use_strict"

autowatch = 1;
inlets = 1;
autowatch = 1;

var _preValue = null;

function msg_int(value){

	msg_float(value);
}

function msg_float(value){

	if(_preValue != null){
		
		var outValue = value - _preValue;
		outlet(0,outValue);
	}
	
	_preValue = value;
	
}

function clear(){
	
	_preValue = null;
}

どんどん入力される値と値の差分を取得できます。たとえば速度を計算したりする時に有効です。clearで区切れるのもポイントです。

Leave a Comment