dima
  • さんぽろ ( SOUND OF SAPPORO ) – Sound Application for SIAF 2014 Urban SoundScape Competition

    「さんぽろ」は、サウンドを通じて札幌を旅する音作品(アプリケーション)である。 札幌とその近郊は、過去から現在へ連綿と続く豊かな自然と、それを切り拓くことで栄える都市とが調和しており、訪れた人々を魅了している。 「さんぽろ」では、その自然と都市の調和を、ふたつのレイヤーから構成した。ひとつは「札幌」を生んだ自然としての背景音。北海道=札幌の雄大な自然を、特徴的で力強いドローンサウンドで表現し、サウンドロゴ、音作品の骨格を成している。もうひとつは都市としての札幌を示す多様な音色たち。さまざまな観光地や歴史的なスポット、それぞれに「その場所らしい」短い音色をつくり、それらを配することで、作品に札幌を「渡り歩く」=「旅する」イメージを与えている。 以上のことから、「さんぽろ」では、札幌の都市としての多様な側面、見所を巡るかのような、にぎやかな音色と、絶えずわれわれを包みこむ大自然のようなドローンサウンドとが調和することで、SIAF2014のテーマである「都市と自然」、あるいは「札幌」らしさを表現している - Planning : Sasaki Mikiya / Kurihara Hazuki / Shohei Nagata / Shota Kagami Concept Design : Sasaki Mikiya Landscape Design : Kurihara Hazuki Sound Design : Nagata Shohei Interaction Design & Development : Kagami Shota GUI Design : Kato Kaoru