Cycling74 Max で GLSL1.2 を使ったシェーディングをはじめよう #maxmsp #jitter #glsl

スクリーンショット 2014-08-04 16.08.30

シェーダがあるでは無いか!

Maxを使ったインタラクティブアプリケーションの開発は、音や音楽とのインタラクションや、Ableton Liveとの連携、コンパイルしないで変更を加え続けられるリアルタイム性など、他には無い独自なメリットが色々とあると思います。

しかし3Dの描画に関しては、OpenGLの対応バージョンが2.0止まりな事もあり、openFrameworksやUnity等の開発環境と比べると少し見劣りします。とはいえ、プログラマブルシェーダを利用する事ができるので、可能性としては例えばSIGGRAPHの論文を実装して最新のレンダリングもできるのではないかな・・・!?

そこで今回はMaxの3D描画を強化するべく、jitterに関するGLSL周辺の調査とサンプルプログラム試してみました。

Maxにおけるシェーダについて

  • JXSファイル:XML形式でMaxとやりとりを行うパラメーター等を記述するファイル。またGLSL等のシェーダをこのファイルに読込むか直接書く事でシェーダを利用する。.jxsファイルで保存したらjit.gl.shaderとjit.gl.slabでreadして使う。
  • シェーダの種類:Vertex Shader / Geometry Shader / Fragment Shader が利用可能
  • シェーダ言語:GLSL1.2 / CG / ARB
  • 豊富なサンプル:Mac版のフォルダパス→ /Applications/Max 6.1/Cycling ’74/jitter-shaders Geometry ShaderやGPGPU、Audio処理用のシェーダも。ジオメトリシェーダを使う際は、プリミティブの種類がシェーダと合ってないと利用できないので注意。
  • Cycling74 Forumでは、GLSL1.5(OpenGL3)そうとうのシェーダーが使えるという記述がありましたが、私の環境(Macbook Pro Retina / Mavericks)では利用できませんでした。
  • jit.gl.pix:フラグメントシェーダのみに特化したオブジェクト。jit.gl.slabと互換。

jit.gl.pixでは使えないバーテックスとジオメトリが鍵になりそうな気がしますね。今後の記事でサンプルファイルなどを紹介できればと思います。

JXS / GLSLサンプルコード

<jittershader name="mrr-test-simple">
	<description>
	test
	</description>

	<language name="glsl" version="1.2">
		<program name="vp" type="vertex">
<![CDATA[

#version 120 

void main(void)
{
	vec4 clipCoord = gl_ModelViewProjectionMatrix *gl_Vertex;
	gl_Position = clipCoord;
	gl_FrontColor = gl_Color;

	vec3 ndc =clipCoord.xyz / clipCoord.w;

	gl_FrontSecondaryColor = vec4((ndc *0.5) +0.5,1);

	//gl_Position = gl_ModelViewProjectionMatrix * gl_Vertex;
}
]]>
		</program>
		<program name="fp" type="fragment">
<![CDATA[

#version 120

void main()
{
	//gl_FragColor = vec4(1.0, 0.0, 0.0, 1.0);
	gl_FragColor =mix(gl_Color,vec4(vec3(gl_SecondaryColor),1.),1);
}
]]>
		</program>
	</language>
</jittershader>

上記画像は、jit.gl.shaderに上記JXSファイルを読み込ませて、jit.gl.gridshapeとjit.gl.multiple で作ったモデルに対してアタッチして生成した画像です。glsl部分は、外部ファイルを読込む事も可能です。

参考サイト