Max for Liveのデバイス内でトラック番号を取得 : #maxforlive

スクリーンショット 2014-05-11 2.35.33

目的

Max for Live のデバイス .amxd 内で自信 が挿入されているトラック番号を、jsオブジェクトで取得してみます。

jsオブジェクトコード

[javascript]
//init
"use strict";
inlets = 1;
outlets = 1;
autowatch = 1;

function bang(){
var api = new LiveAPI(this.patcher);
api.path = "this_device";
var pathStr = api.path;
var paths = pathStr.split(" ");
outlet(0,parseInt(paths[2]));
}
[/javascript]

解説

LiveAPIのインスタンスへ”this_device”を指定する事で、api.pathはLive Object Modelにおける自信が挿入されている箇所の絶対パスを返します (例えば “live_set tracks 2 devices 1” になり、.amxdのパスが2番めのトラックの1番目のデバイスと分かる)。pathをスプリットしてトラック番号をゲットできました!

Max6 jsuiオブジェクト mgraphicsクラスを用いた描画メモ

スクリーンショット 2014-02-28 18.24.06

Max6のjsuiオブジェクトで背景透過のUIをつくるときに使えるmgraphicsの使い方をメモしておきます。

クラスリファレンス

http://max-javascript-reference.tim-schenk.de/symbols/#gsc.tab=0

初期化

[javascript]
//mgraphics initialize
mgraphics.init();
mgraphics.relative_coords = 1;
mgraphics.autofill = 0;
[/javascript]

描画

[javascript]
function paint(){
mgraphics.set_source_rgba(1,0.5,0.5,1);
mgraphics.ellipse(0, 0, 10, 10); // y座標は、上向きが正の方向なので注意
mgraphics.fill();
}
[/javascript]

paint関数の中じゃないと、mgraphics: no jgraphics context というエラーが出て描画できないようです。

描画命令

[javascript]
refresh();
[/javascript]

枠線を消したい

cmd + i で出てくるインスペクタのborder を 0 に設定

Max6 jsuiオブジェクトで Task / MGraphics を用いて長押しボタンを実装してみた

スクリーンショット 2014-02-02 02.08.25某試作の開発にどうしても長押しボタンが必要だったのですが、MaxのUIには長押しに対応したtoggleのUIオブジェクト(長押しでON / OFF を切り替え)が無いようだったので、jsuiで実装してみました。

ポイント

  • jsオブジェクトに標準でついてくるTaskクラスのrepeat間隔(ms単位)の指定とコールバック関数を用いることで、長押しの判定を行う
  • 背景透過で描画するために、MGraphicsクラスで描画
  • MGraphicsクラスは、Quartz や Flash の Graphics に近いAPIなので取っ付きやすい
  • MGraphics Reference を見ながらpaintの部分を書き換えれば、見た目を変更可能
  • Sketchクラスを用いた描画では背景透過は非対応 → Forum

jsui – javascript

[javascript]

"use_strict";

outlets = 1;
setoutletassist(0,’"OFF":0,"OFF_DOWN":1,"ON":2,"ON_DOWN":3′);

//mgraphics initialize
mgraphics.init( );
mgraphics.relative_coords = 1;
mgraphics.autofill = 0;

//Color
var offColor = [220/256,220/256,220/256,1.0];
var downColor = [0.7,0.7,0.7,1];
var onColor = [.99, .99, .99, 1.];

//State
var state = "OFF";
var states = {"OFF":0,"OFF_DOWN":1,"ON":2,"ON_DOWN":3};
var isSelected = false;

//Task
var tsk = new Task(longPressedHandler,this);
tsk.interval = 1000;

function longPressedHandler()
{
if(arguments.callee.task.iterations > 1)
{
arguments.callee.task.cancel();
isSelected = (isSelected) ? false : true ;
out();
}
}
longPressedHandler.local = 1;

function paint(){

if(states[state] == states["OFF"]){

mgraphics.set_source_rgba(offColor);

}else if(states[state] == states["ON"]){

mgraphics.set_source_rgba(onColor);

}else{
mgraphics.set_source_rgba(downColor);
}

with(mgraphics){

ellipse(-1.0,1.0,2,2);
fill()
stroke();
}
}
paint.local = 1;

function out(){

outlet(0,states[state]);
}
out.local = 1;

//Mouse Event
function onclick(x,y,but,cmd,shift,capslock,option,ctrl)
{
ondrag(x,y,but,cmd,shift,capslock,option,ctrl);
}
onclick.local = 1; //private

function ondrag(x,y,but,cmd,shift,capslock,option,ctrl)
{
if(but == 1){

if(isSelected == true){
state = "ON_DOWN";
}else{
state = "OFF_DOWN";
}

tsk.repeat(2);

}else{

if(isSelected == true){

state = "ON";
}else{
state = "OFF";
}

tsk.cancel();
}

mgraphics.redraw()
out();
}
ondrag.local = 1; //private

[/javascript]

wordpressにコード貼るとインデントや改行が総崩れするのどうにかしたい!WEB系のコーディングをしたことない独学javascriptすぎるので、もうちょっとお作法を勉強したい。あとWordpressレイアウトもう少しまともにしたいんだけど、どうしたらいいものか

値の差分を出力するMax6のjsオブジェクト

[javascript]

"use_strict"

autowatch = 1;
inlets = 1;
autowatch = 1;

var _preValue = null;

function msg_int(value){

msg_float(value);
}

function msg_float(value){

if(_preValue != null){

var outValue = value – _preValue;
outlet(0,outValue);
}

_preValue = value;

}

function clear(){

_preValue = null;
}

[/javascript]

どんどん入力される値と値の差分を取得できます。たとえば速度を計算したりする時に有効です。clearで区切れるのもポイントです。

動的に生成したパッチを繋ぐサンプル2:Max6,JavaScript

スクリーンショット 2014-01-26 17.53.54

大量のパッチを繋ぐの面倒くさい!のでjsパッチで書いてみました。[generate 200]を押すと、一気に200個のcounterオブジェクトが生成され、かつrouterオブジェクトに繋ぐ事が可能です。function patch の内容を変えて使ってみてください。ようやくjsパッチのお作法が掴めてきたかなという感じです。JSパッチによる自動生成は、失敗するとパッチが全部見えなくなったり、Maxが落ちたりするので、気をつけてご利用ください。

JSパッチのメモ

  • this は jsthis のインスタンス
  • jsthis は maxobject を継承してる
  • patcher は maxobject を継承している。maxobjectのコンテナな扱い。
  • maxobject は、それを含んでいるpatcherへの参照を保持してるので辿れる。

[javascript]
"use_strict"

autowatch = 1;
inlets = 1;
outlets = 0;

var p = this.patcher;
var generatedObjects = [];
var GENERATE_CLASS_NAME = "counter"
var CONNECT_OBJECT_CLASS_NAME = "route";

function generate(num){

if(num <= 0) return;

var windWidth = p.wind.size[0];
var windHeight = p.wind.size[1];

var rect = this.box.rect;
var width = rect[2] – rect[0];
var height = rect[3] – rect[1];

var x = rect[0];
var y = rect[1];

for(var index = 0 ; index < num ; index++){

var numRow = Math.floor(windWidth / width);
var column = Math.floor(index / numRow);
post("numRow:" + numRow);
var row = index % numRow;
generatedObjects.push(p.newdefault(width * row,y + height * (2 * (1 + column)),GENERATE_CLASS_NAME));
}

patch()
}

function remove(){

for ( var index = generatedObjects.length-1; index >= 0; index–)
{
p.remove(generatedObjects[index]);
}

generatedObjects = [];
}

function patch(){

//find object for outlet
var connectOutletObject = findObjectFromClass(CONNECT_OBJECT_CLASS_NAME);
post("find:" + connectOutletObject.maxclass);
post();

//connecting
for(var index = 0 ; index < generatedObjects.length ; index++){

if(generatedObjects[index].valid == 1){

p.connect(connectOutletObject,0,generatedObjects[index],0);
}
}
}
patch.local = 1;
//varname tsu kau
function findObjectFromClass(className){

post("objectCount:" + p.count);
post();

var object = p.firstobject;

while(object){

post(object.maxclass);
post();

if(object.maxclass == className){

return object;
}

object = object.nextobject;
}

return nil;
}
findObjectFromClass.local = 1;

[/javascript]