Asus Xtion PRO mount for MacBook Pro Retina を3Dプリントしてみた : Makerbot,Kinect

Kinectハックやってみようと、Kinectでは無くUSB駆動ができるXtion PRO Liveを購入して遊んでます

いづれDJの時のエフェクターやモデルデータを使ったVJに応用したいなぁなんて妄想をしつつ、クラブで使うならMacBookの上に設置したい!そんな訳でマウンターをSketchupでモデリングして、3Dプリンターで印刷してみました。あったら良いなのニッチなカスタムメイドオブジェクトを思いつくままに作れるのは、新しい感覚っす。

データはThingiverseで公開しているので、必要な方は印刷して、ご利用ください。


3Dプリンターと3Dスキャナーで自分をフィギュア化(できてない): Processing , Makerbot , Kinect

3Dプリンターを持っているのだから、3Dスキャンできれば、物をコピーしたり自分フィギュアつくれるのかなぁ。という訳で手元にあるXtionPROで3Dスキャン、Makerbotで印刷をやってみました。

結果がコレですよ・・・。フィギュアというか、マイノリティ・リポートで見たホログラム映像みたいになってます。


3Dスキャンしたデータはこんな感じです。

プログラムが達者になれば、こういう事もできるようです・・・。

使用したソフト・ハード

上3つはフリーです。方法は、英O’REILLYのMAKE:本 Making Things See のChapter 5に書いてあります。サンプルプログラムもサイトにあるので、本買わなくてもできますが、Kinectについて丁寧に説明があってわかりやすいので、買ってあげてください!Modelbuilderのバージョンが最新版だとaddFaceメソッドの引数の型が違うとコンパイルエラーでますが、メッセージ見れば修正はできると思います。

※・・・オライリー本の電子書籍は、英語版で買うとpdf / epub 等々の好きなフォーマットで何度も落とせたり、突然半額セールがあったり、本のエディションアップグレードが安くできたりするのでオススメです。