Asus Xtion PRO mount for MacBook Pro Retina を3Dプリントしてみた : Makerbot,Kinect

Kinectハックやってみようと、Kinectでは無くUSB駆動ができるXtion PRO Liveを購入して遊んでます

いづれDJの時のエフェクターやモデルデータを使ったVJに応用したいなぁなんて妄想をしつつ、クラブで使うならMacBookの上に設置したい!そんな訳でマウンターをSketchupでモデリングして、3Dプリンターで印刷してみました。あったら良いなのニッチなカスタムメイドオブジェクトを思いつくままに作れるのは、新しい感覚っす。

データはThingiverseで公開しているので、必要な方は印刷して、ご利用ください。


ベジェ曲線プラグインを入れる。: SketchUp

Sketchup 3Dプリンター用のモデリングに大活躍です。3Dは初心者ですが、一冊の導入本で勉強したら、簡単なモデリングは出来るようになりました。最近もうちょっと細かいモデリングがしたくて、例えばSketchupは初期状態だとベジェ曲線が描けない。Rubyプラグインを入れれば可能という事ですが、ネット上でSketchup8用の情報が無かったのでまとめておきます。

  1.  bezier_ext.rbz プラグインをここから落とす. (※ .rbzはrubyをzip圧縮した形式だそうです。)
  2. SketchUpを起動
  3. 環境設定 > 機能拡張 > 拡張機能をインストール で1.で落としたファイルを指定。
  4. 描画 > Bezier Curves を選択し、ベジェ曲線が描ける。

SketchUp7までは、どうやらプラグインフォルダにRubyスクリプトを入れるだけで良かったようです。SketchUp8からは上記のインストール方法になったようで、少しハマりました。